「休憩を取らせてもらえない」「残業が多すぎる」労基法違反を避ける為にブラック企業が社員にタダ働きの指示をする実態

テンジク(ikinaritenjiku)です。

大手居酒屋チェーン店の店長だったいとこが過労死して一ヶ月経った』という記事がたくさんの人に読まれ反響をいただきました。

わたしの願いは、この過労死という出来事を風化させず、これ以上犠牲者を出さないことです。

ここでは長時間労働や休憩なしの実態について、twitterに寄せられたコメントをまとめます。

長時間労働や休憩なしの実態がわかるコメントの数々

バイトでひどい時は15時間休憩なし

『今は8時間労働の1時間でたまに1時間もない残業があるかな?って程度になりましたね。転職して正解でした。』

『まぁ睡眠時間もそうですが休憩時間があるのも幸せと感じる程度になりましたね(;・ω・)』

この方は、転職して少し労働環境が改善したとの事。それでもまだ労基法に定められたとおりの休憩は取れていないようです。少しでも環境がよくなる事を願っています。

 賃貸物件を扱う某大手不動産会社の営業職の長時間労働

ちなみに、休みは逃げるまでの3ヶ月でたった1日しかありませんでした。

毎日つづく深夜残業とパワハラで「死のう」という思いがよぎった

その会社は、結局過労で倒れてしまい辞めました。 ものすごく揉めましたが、辞めれた後安心しました。ただ半年間引きこもりみたいになりましたが

6:30起床2:00就寝という生活が週6日

劣悪な労働環境の渦中にいるときは感覚が麻痺して気づきにくくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA