辞められない時の最終手段 / 会社をバックレ(逃げ)る方法 (体験談 / 30代男性)

更新日:

テンジク(ikinaritenjiku)です。

最近ちょっと色々ありまして、「世間の人はどんな労働環境で働いているのかな」という事に興味があります。

このツイートがきっかけで本当にアドバイスが集まったんです!(涙)

今日はAさん(30代男性)からお寄せいただいた、ご自身の体験に基づいたアドバイス「会社をバックレる方法」を公開します。「逃げるが勝ち」というお話です。皆さんおわかりでしょうが、あくまでも最終手段です。

体験談について

以前、過労死についての記事を公開して以来、私の元にたくさんのメッセージが寄せられるようになりました。
内容は「今、仕事がきつくて逃げ出したい」「家族を過労死で亡くした」「彼が過労死しないか心配」など。私は毎日メッセージに目を通して、自分に何かできる事はないか考えるようになりました。

そして、私に体験談を寄せてくださった方とお話していくうちに、全ての人に共通する点に気づきました。
私と体験者の方々は皆、「自分のように悲しい思いをする人をもう1人でも増やしたくない。」と思っているのです。

インターネットで公開するという私の活動に、肯定的な意見ばかりではないという事を体験者によく確認し話し合いながら、「それでも伝えて欲しい」という話を厳選してこれから少しずつ載せていきます。

プライバシーの関係で書けない事もたくさんありますが、「今この国ではこういう事が実際に起こっている」と知ってもらうだけでも意味がある事だと思います。

Aさん(30代 男性)のお話

※この話は実際に私の元に寄せられた話を、投稿者のプライバシーが守られるように私が編集したものです。本人に掲載の許可をいただいています。

こんばんは。「逃げる方法を教えて」ツイート見ました。「私の逃げた(バックレた)方法を教えます。

(30代男性Aさんより)

テンジク
Aさんこんにちわ。今日はよろしくお願いします。

Aさん
よろしくお願いします。

テンジク
まずAさんのブラック労働歴をお聞かせいただけますか?

Aさん
いいですよ

Aさんのブラック労働歴

  • 某飲食店勤務
  • 1ヶ月無休(30連勤)
  • まともに辞められそうになかったのでバックレ(逃げ)を敢行

以上の経歴をお持ちの方です。

テンジク
もう私...「休みがない」とかたくさん聞きすぎて感覚が麻痺して見慣れちゃったんですけど...

テンジク
30連勤ってやっぱり異常ですよね。法律が機能していないんですかね。
Aさん
私がいたエリアは私が辞める前に短期間で数人逃げていて、私はそのうちの一人に逃げ方を教えてもらい逃げました。
テンジク
どんな会社やねん

箇条書きで教えていただいたので、最近よく見かける「○○が○○した○つの方法」というタイトルをつけてみようと思います。

会社から逃げる事に成功した俺が教える、会社をバックレる6つの方法

①決行日は比較的スタッフがいる日に。

②店をいつでも営業出来る状態にする。

③スタッフ及び上司に辞める事を連絡する。

④退職届けを逃げる日の日付で書いて残す。

⑤会社支給などの会社の物は全て返却する。

⑥レジに誤差がある場合はプラマイゼロにする。

テンジク
なるほど。私は、バックレるというと連絡なんてせずに姿を消すものと思っていたので③が気になります。

テンジク
Aさんに解説していただいたので読んでみましょう。

Aさんの解説

①決行日は比較的スタッフがいる日に。

②店をいつでも営業出来る状態にする。

Aさん
①②は当日、店に被害を出さないためです。 
テンジク
自分が大変な時までお店を気遣っているんですね...

Aさん
違います。非難される要因を少しでも減らす為です。
Aさん
退職の日まで、滞りなく営業をします。
テンジク
なるほど。

③スタッフ及び上司に辞める事を連絡する。

④退職届けを逃げる日の日付で書いて残す。

Aさん
③、④は辞める意思表示です。

テンジク
意思表示...そうですね、やはり突然いなくなるよりも伝えていた方がいいですよね。

⑤会社支給などの会社の物は全て返却する。

⑥レジに誤差がある場合はプラマイゼロにする。

Aさん
⑤、⑥は、警察を呼ばせないため。紛失物があると、盗難とされる場合があるからです。
テンジク
なるほど...できるだけこちらに非がないようにしていた方がいいですね。
Aさん
私はこれで逃げました。 バックレが良いとは思っていません。数年経った今でも罪悪感を感じています。
Aさん
ただ、選択を間違ったとは思っていません。
テンジク
経験者だけに言葉に重みがありますね

いかがでしたか?

突然仕事を辞めてしまう事はもちろん誰かに迷惑をかけてしまうかもしれないのですが、Aさんの教えてくれた「逃げる方法」には、辞めたあとに非難される要因を少しでも減らす為のアドバイスが含まれていましたね。

無断欠勤などをしてしまうと「お前が来なかったから損害を被っただろう!」などと言われかねません。なるべく「辞める意思表示」を見せる事が大切ですね。

国民Bさん
そんな事できたらとっくにやってるわ!

国民Cさん
ブラック企業舐めるな!
 

国民Dさん
うちの上司、会社や実家にまで来そうで無理だわ...

国民Eさん
家族がいる俺はどうしたらいいんだよ!

いや...わかりますよ。そう言われるのはわかっていました...。そう簡単に辞められないのがブラック企業なんですよね。この問題はもっと闇が深そうです。
他にもいい方法があったらまたどんどん追記していきますね。

「逃げていい」って思っていて

でも、これからは仕事に行くときに「いつでも辞めていいんだ」「逃げていいんだ」って心のお守りにして欲しいんです。「逃げ道がない」という事はとても辛いので。

ここは日本です。しかるべき措置を取れば、まず餓死したりする事はありません。仕事を辞めても死にはしません。つらい時は逃げて大丈夫です。

 

 

 

 

「逃げて....いいの?」

いいです。

Aさんの勇気ある投稿に心より感謝します。もっともっと明日がよくなるように、いい方法が見つかったらどんどんシェアしていきますね。

イラスト・文 /テンジク(ikinaritenjiku)

関連記事

メッセージはお気軽に
私の元には毎日たくさんのメッセージが届きます。何か困った事があったり、誰かに話して楽になるようだったらいつでも気軽にメッセージくださいね。愚痴でも。プライバシー守ります。「脱・ブラック労働」の何かいい方法あったら教えてください!

スポンサーリンク


パワハラの証拠に役立つアイテム

スマホに最初から内蔵されているボイスレコーダーや[録音 アプリ]などで検索すると、ボイスレコーダーのアプリをダウンロードする事ができますよ。

-ブログ, 労働, 学ぶ・知る, 未分類

Copyright© TENJIKU (テンジク) , 2017 All Rights Reserved.