まじめな話 体験談 働き方 考え

[体験談] 結婚を約束した彼がパワハラと賠償請求に追い詰められ過労自殺 [寄稿](20代女性Mさん)

更新日:

テンジク(ikinaritenjiku)です。

今日は、ある女性から寄せられた過労死に関する体験を記事にします。

以前、過労死についての記事を公開して以来、私の元にたくさんのメッセージが寄せられるようになりました。
内容は「今、仕事がきつくて逃げ出したい」「家族を過労死で亡くした」「彼が過労死しないか心配」など。私は毎日メッセージに目を通して、自分に何かできる事はないか考えるようになりました。

そして、私に体験談を寄せてくださった方とお話していくうちに、全ての人に共通する点に気づきました。
私と体験者の方々は皆、「自分のように悲しい思いをする人をもう1人でも増やしたくない。」と思っているのです。

インターネットで公開するという私の活動に、肯定的な意見ばかりではないという事を体験者によく確認し話し合いながら、「それでも伝えて欲しい」という話を厳選してこれから少しずつ載せていきます。

プライバシーの関係で書けない事もたくさんありますが、「今この国ではこういう事が実際に起こっている」と知ってもらうだけでも意味がある事だと思います。

Mさん(20代 女性)のお話

※この話は実際に私の元に寄せられた話を、投稿者のプライバシーが守られるように私が編集したものです。本人に掲載の許可をいただいています。

大好きだった彼が過労自殺しました。(Aさん20代 女性)

同棲していた彼とは結婚の約束もしていて、ウエディング情報誌も2冊買っていました。彼は本当に優しくて、収入はまだちょっぴり頼りないけど、「この人となら私は幸せになれる。」そう思える人でした。幸せな毎日でした。

2人の交際記念日の前の日、
彼は自殺しました。

私は彼が自殺する前、仕事に関する相談を彼からちょくちょく受けていました。最初に相談を受けた時は、会社でミスをして月給の倍以上の金額を弁償しなきゃいけないと言っていました。

話を聞いていると、初めてのミスですし第一そういう弁償というものは会社側も払う義務があります。私は彼に「貴方が払う義務はないよ。」と言いましたが、彼は、「会社側に払ってもらうとなると、所長が本社に連絡して表沙汰になるから…穏便に済ませたい…」そう言って結局請求された金額を会社に払う事に。

彼の勤務先は全国にある会社で、彼はその会社のある支店で営業として働いてました。彼以外の社員はほとんど年配の人で、誘われた飲み会は断れず100パーセント参加。次の日が仕事でも飲み会は夜中の3時になる事も。

ある時会社の都合で、営業だけではなく事務の仕事まで全て彼にのしかかってくるようになりました。営業の仕事だけでも毎日朝の7時から夜の8時過ぎまで働いてたのにそれから更に事務で仕事が終わるはずがありません。

そこから彼は仕事でミスが増えました。

会社は彼を責めました。 「営業を外す」「育ちが悪い」などと罵られ顔に唾を吐かれた日もあります。そして、全てのミスについて損害を払えと要求してきました。

この件については、彼は最後まで私にも相談できなかったみたいで、亡くなった後に見た彼の携帯に「また○○万円会社に払わなきゃいけない」とメッセージが残っていました。

彼が亡くなった日、私は亡くなる直前に電話をもらいました。私も仕事中でしたが、何か嫌な予感がして隠れて電話しました。

彼は電話の向こうで泣いていて、あんなに泣いている彼を声を聞いたのは最初で最後でした。

彼は泣きながら 「またミスが出てしまった。辞めてもミスがわかり次第損害を請求すると言われた。俺は一生苦しまなきゃいけないのかな?上司に自殺しろって言われた。」 そう言っていました。

私は、深刻な状況だと判断し、「絶対に上司の言ったことは真に受けないで。絶対に死なないで。仕事すぐ終わらせてまた掛け直すから。」そう言って切りましたがそれが最期でした。 仕事が終わり携帯を見たら、彼からの最後の言葉が届いていました。

”ごめんなさい、もう何も考えられない、幸せになってください。”

彼は私に「これからもよろしくね」って言っていたのに。
彼の行動は、計画性はなく、突発的に気持ちが沈んでいるときに上司から自殺しろと言われたことにより、さらに心を傷つけられて、勢いでやったことだと思います。

最愛の人を亡くしました。彼はもう二度と私の前に姿を現さないし、彼と結婚することはできません。 息ができないほど辛かったです。
会社の人は、彼のお通夜もお葬式にも来ませんでした。 彼が亡くなった場所に行っても花すら置いていませんでした(第一発見者は会社の上司です) 私は、会社は彼が亡くなったことを彼自身の責任にするつもりだと感じました。

許せません。

壊れたのは彼だけでは無いのです。 彼のお母さんはしばらく仕事に行けませんでした。 私は2回自殺未遂をして、救急病棟に搬送、精神科に半年ほどいました。

未だに、彼がいない虚無感で、摂食障害になり、リストカットをし、大量服薬をしてしまいます。

私の家族もわたしがボロボロになった衝撃で精神科に通っています。 抗うつ剤、睡眠剤、抗不安薬が手放せません。 仕事も辞めました。収入もなくなりました。

会社を許せません。

一生許しません。

1人の命が亡くなるのは、 本人だけでなく周りの人まで大きな衝撃となり自殺連鎖を作る可能性があります。

私は、死にたい気持ちは今の所やっと薄れてきました。 でも、まだスタートラインにすら立てていません。あの頃のように働いて、自分の力で生活することができなくなりました。

絶対にこんな人たちを増やしては行けません。

Mさんの婚約者が働いていた会社の実例

  • 法定労働時間を超えた長時間労働
  • 社員がミスをする度に賠償請求
  • 社員の人格を否定したりするパワハラととれる発言
  • 「自殺しろ」と社員を自殺に追い込む発言

こういう話が出ると「自殺しなくてもいいのに」という意見が必ず出ます。でも、発言をする前に一度考えてみて欲しい。自分や、自分の身近な人がもしもこんな状況におかれたらどうでしょうか。長時間労働による肉体的疲労、パワハラによる精神的苦痛。
まともな思考が奪われ、会社の外の人間と接する時間も減り、新聞・テレビ・スマホなどで情報を得る気力も時間もなくなる。”自殺という選択を選んでしまう人は、自殺する所まで追い込まれている”と考えた上で、「自殺しなくてもいいのに」という発言をするか決めて欲しい。

私が過労死について寄せられたコメントで驚いているのは、「あれ?これ自分の労働時間と一緒」「うちの会社よりマシ」なんていう人がとても多いという事。

もしも、部下の人格を否定したり脅すような発言をしてしまっている人がいたり、自分や同僚そして後輩がそのような扱いを受けている場合は、今ここで目を覚まして欲しい

あなたの会社とあなた自身が法律違反と人権侵害をしているという事と、それよりさらに怖い事は、その恐ろしい環境があなたの日常になっているという異常。

異常が日常になると異常に気がつかなくなる。ここで気づいて欲しい。

この記事を読んでくれた方に「今この国ではこういう事が実際に起こっている」と知ってもらうだけでも意味がある事だと思いますし、何か考えたり、自分を大切にし、身近な人を思いやれるきっかけになればと思います。

イラスト・文 / テンジク(ikinaritenjiku)

※困った時の解決方法も寄せられています。どんどん書いていきます。

関連記事


メッセージはお気軽に
私の元には毎日たくさんのメッセージが届きます。何か困った事があったり、誰かに話して楽になるようだったらいつでも気軽にメッセージくださいね。愚痴でも。プライバシー守ります。

スポンサーリンク

-まじめな話, 体験談, 働き方, 考え

Copyright© いきなりテンジク , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.