info まじめな話 働き方 考え

「いとこが過労死した」に寄せられた質問とご意見

更新日:

テンジク(ikinaritenjiku)です。

以前、twitterで公開した漫画にたくさんの質問やご意見が寄せられました。

世の中にたくさんの情報が溢れている中、関心を寄せてくださった事に感謝します。
社会問題として、一人でも多くの人に知ってもらいたかった。こんなに悲しい思いをする人を一人でも増やしたくないと思った。

寄せられた質問やご意見への返答をここにまとめています。教えていただいた法律に関する情報は親族に伝えます。

漫画・記事に寄せられた質問

鹿児島の出来事ですか?

A.NO.

作中に鹿児島駅の描写がありましたが、鹿児島に旅行に出かけた時の話です。旅行中も居酒屋の看板を見つけて心が痛くなった、という話です。セリフを「鹿児島についた」と修正しないといけないですね。私の配慮が足りず申し訳ありませんでした。

もっときついけど生きている人いますが?
A.人がそれぞれ持つ許容量は、誰一人として同じ人はいません。体力や心の余裕は人それぞれですし、年齢と共に衰えていきます。そして、もっときつい人や同じような状況の人がいるならば、いずれ体を壊す恐れがあるので救ってあげてください。疲労は蓄積します。
警察が冷たすぎませんか?

A.警察は故人が店内で一人で死亡した為「事件性がないか(他殺など)」の捜査の為に病院に来ていました。こちらから「過労死の疑いがある」と訴えないと警察は「事件性がないか」だけを捜査します。
事件は毎日色んな所で起きています。私にとっては人生の中で滅多にない、大きな悲しい出来事だったとしても、事件を取り締まる警察にとっては日常茶飯事な事です。
わざわざ「解剖した方がいいよ」とか、自分の仕事が増えるような事はなかなか教えてくれません。
警察が冷たいというより、ある程度事務的にしないと一人一人に感情移入して親身になっていては、全ての事件に対応できなくなるのでしょう。
なので、疑問に思った点がある場合はこちらから訴える事が大切です。
ちなみに、過労死の疑いを調べるのは労働基準監督署(労基署)です。労働基準法という、働き方について定められた法律を違反していないか監督するのが労働基準監督署です。

ゆずみかん (@yuzumikaaan)さんお知恵を貸していただいてありがとうございます。

週休2日もらっていたんでしょう?

A.NO.
勤怠記録で週休2日もらっているように見えるだけ、週休2日じゃなかった証拠がないだけです。実際は無賃金労働、休日出勤がありました。(複数からの証言)

ひとりで開店準備していたの?狭い店なの?

A.社員は1店舗に1〜2人体制で、15時から18時まで一人のシフトでした。(開店は17:00)60席以上あるお店です。

何故そんなに遠くに住んでいたの?

A.会社の寮から通っていました。会社の経費削減の都合で寮が縮小され「通勤に2時間かかる寮に引っ越しをさせられてきつい」と故人が言っていました。「もっと近くから通いたい」と会社にお願いしても「自費で借りろ」との返答だったそうです。

近くに家を借りれば睡眠が取れたのでは?

A.一番多い時は3ヶ月に1回の転勤が続く時もありました。荷造りも一日でしないといけなかったようです。社宅ではなく自宅の場合だと3ヶ月に1回、現住居の賃貸契約の解除と新居の賃貸契約を休みの少ない中で繰り返すのは難しいです。(他にも水道・ガス・電気の契約や郵便物の転送手続など、引越しを経験した事がある方はわかっていただけると思います。)
賃貸契約によっては「1年以内の解約は違約金が発生する」という条件が発生する場合もあります。

労働環境に気付かないほど希薄な親族関係?

A.寮に住ませて長時間労働させ、友人や家族、社会と隔離させるのもブラック企業のやり方かと。友人には「きつい」と少し漏らしていたようですが、親族に会う時はそんな辛い状況だったなんて少しも見せませんでした。
私の場合だと親や家族に心配はかけたくないと思って、言わない話も多くあります。憶測にすぎませんがそんな心境だったのかと。
ご指摘どおり、「もっとコミュニケーションを取っていれば」の後悔に尽きます。この私の後悔を見て、今生きているご家族とのコミュニケーションが少しでも増えれば、と思います。

記事化するのに親族の許可は?

A.許可済です。皆それぞれできる事をしています。私にできる事は発信をする事だったので理解してもらっています。親族もtwitter見ています。

漫画にブログのアドレス載せた理由は?
A.ブログのドメインは住所のようなものです。誰が描いたものかというクレジットの意で載せました。

漫画・記事に寄せられたご指摘

最後の「シェアしてね」で萎えた
A.たくさんの人に見て知ってもらいたかったので。今後の参考にします。
社葬というのはお偉いさんがするもの
A.調べました。

社葬とは、会社の社長や会長、企業の代表者など、その企業に大きく貢献した人が亡くなった時に行う葬儀のことで、運営主体が法人(企業)になります。規模の大小に関係なく、葬儀の費用を企業が負担し行うものが社葬になります。遺族が主体になって行う葬儀を個人葬や一般葬と呼びます。葬儀案内人より引用

職場で亡くなっているのと、会社側はこれは労災じゃないの一点張りだったので、せめて社葬をとお願いしました。
過労死について調べていたら、過労死した人の為に、会社が葬式をあげたという記事を見たので、頂いたご意見に限らない事なのかと思っていました。

いとこは遺族とは言わない。

A.遺族:調べました。ご指摘ありがとうございます。

遺族ー家族のだれかが死んで、あとに残された家族。物故者の両親、配偶者、子、兄弟姉妹を指す。一般的には死亡時に死者によって生計を維持していた者とすることが多い。wikipediaより引用

私に寄せられた質問

売名行為ですか?

A.NO.
そうだったら闘病中の家族の事
をとっくに描いています。中傷を受けても構わないから、こんなに悲しい思いをする人を二度と増やしたくないと思う出来事は今回が初めてでした。

いとこだから疎遠だったのでは?

A.とてもよくかわいがってもらって大好きだったのでここまで記事にする事ができました。労力・リスクからしても、身内が殺されて怒り狂ってないとこんな事できません。

いとこって血縁関係遠いですよね?

A.血縁関係の近い遠いで計るのであれば、いとこの私でもこれほど心を痛めていますので、もっと血縁関係の近い者の悲しみと怒りは計り知れません。故人の実母は毎日泣いています。

私に寄せられたご指摘

ブログ読んでもらう為に必死
A.twitterからブログに飛んでもらい記事を読んで今回の件を見て知ってもらう事が目的でした。twitterを記事への「入り口」と捉えています。
@喪中とか書くな
A.twitterの名前の@以降を一時期「@喪中」にしていた理由は、こんな名前にしている人はなかなかいないので見た人が気になってクリックして、今回の記事を見てもらえればとの思いでした。一人でも多くの人に見て知ってもらいたかったので。心も体も疲れて正気ではないです。今は変更しています。
最後の自分語りがうざい。

A.必要な描写と思いました。

旅に出かけるな。全く悲しんでいない。

A.私は「残された者がいつまでもメソメソせずに元気に過ごすのが供養だ」というお坊さんが唱えた説に賛成でした。私は現在、どこでも仕事できる環境を目指して試行錯誤中です。海外にも行きたいです。出かけるのは自分にとって日常である事と、いつまでも暗く部屋にこもっている方が心の負担が大きかったです。

絵が下手

A.精進します。文章もたくさん書きたいのでオンライン完結で誰か絵を手伝って欲しいです。

ブログの記事も遊んでばかり。
A.私は、ブログも仕事の1つと思って真剣に取り組んでいて、ブログは私にとって日記ではなく自分の「お店」と思っています。
6月から「毎日更新する事」を目標に取り組んでいましたが、通夜から一週間は辛くて更新できませんでした。また一週間経ってからほぼ毎日書き続けました。
読んでくれた人の役に立ったり、楽しい気持ちになるように、なるべく明るく楽しい雰囲気にするように心がけました。悲しいところを見せていないだけです。
いとこが勝手に故人のスマホ見るな
A.親族の中で一番スマホが扱えるのは私だったので。見た理由は、故人と生前親しかった友人に知らせる為と葬儀に関する連絡の為でした。

私は「この人はあほだ」とたくさん言われました。でもあほなので、私が今まで知らなかった事をたくさんの人が教えてくれました。本当に感謝しています。自分の頭もしっかり使いますが、これからも色々教えて欲しいです。お願いします。

言いたい事

私の気持ちは「もう私たちのように悲しい思いをする人を二度と増やしたくない。」です。命があるうちは何度でもやり直せます。どうか、困っている人、苦しんでいる人がいたら気にかけてあげてください。助けてあげてください。
これから、私たちのように悲しい思いをする人がこれ以上増えない為に自分には何ができるかを考えて活動していきます。

テンジク(ikinaritenjiku)

この漫画を公開してから数々のアドバイスや、現状に苦しんでいる方からたくさんのメッセージが届くようになりました。ひとりでは知り得なかったたくさんの情報をお寄せいただいて感謝しています。
些細なことでも構いませんので何かありましたらご連絡ください。愚痴でも。プライバシーを守ります。

スポンサーリンク

-info, まじめな話, 働き方, 考え

Copyright© いきなりテンジク , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.