小学生の時、友達の弟が授業中の教室にいきなり遊びにきてほっこりした話

更新日:

こんにちわ。テンジク(ikinaritenjiku)です。

小学生の時のほっこりエピソードを書きます。

同級生のヘグ

同級生にヘグという男の子がいました。

ヘグというのはあだ名で
本名の○倉という名の頭文字が
何故か”へ”に変換され
ヘグラ君→ヘグと呼ばれていました。
別に屁をした訳でもなく
彼がいじめられている訳でもなく
そのあだ名は日常の学校生活で
ごく自然にヘグヘグ使われていました。

ヘグのルックスはこんな感じで、

まつ毛が長くて髪型は坊主で
とてもかわいい男の子でした。

ミニヘグ

そんなヘグにはそっくりな弟がいて
かわいいヘグをミニチュアにした訳ですから
それはそれは、とてもかわいいヘグの弟でした。


放課後たまに近所でヘグの弟を
見かけたりすると

「かわいい....」
と密かに思っていました。

確か当時、私は小学5年生くらいで、
ヘグの弟はまだ小学校に入学する前の年齢でした。

学校に謎の人影..侵入者!

ある日、いつも通りの授業中、
教室のすりガラスに人影が....

「先生、誰かおるよ!」

ざわつく教室、
廊下を確認する先生、
そこにはなんと

ヘグの弟がいたんです。

男子「ヘグの弟やー!!」


騒ぐ男子、沸く教室

私(え、なんで?やっぱかわいいわ...)

「どうしたの?」と問いただす先生に

[モジモジするへぐ弟]

ヘグの弟「遊びに来た...」モジモジ

か、かわいいッ....!!

萌える全生徒。

興奮さめやらぬ中
急遽、ヘグの弟に椅子が用意され
授業が再開されました。

優待されるヘグの弟

我が母校は
女子と男子が机をくっつけて
授業を受けるスタイルだったので
ヘグとヘグの隣の女子の間に
座らされるヘグの弟。
彼にはクレヨンと画用紙まであてがわれていました。

授業の意味はわからないだろうけど
ヘグの弟はとても嬉しそうに
ずっとニコニコしていました。

授業は進んでいきますが、
先生も時おり失笑、
みんなヘグの弟が気になって
授業どころではなかったと思います。

いったい何故、あのかわいいアイツは突然やって来たのか謎のままですが、私は、かなり時間が経った今でも強烈な萌え体験として、あの光景が忘れられません。

テンジク(ikinaritenjiku)

-ブログ

Copyright© TENJIKU (テンジク) , 2017 All Rights Reserved.