[福岡西中洲]博多ほたるの土鍋ごはん食べた事ある?私が10年続けて博多ほたるを好きな理由

更新日:

テンジク
こんにちわ!テンジク(ikinaritenjiku)です

今日は福岡市の中央区、西中洲にある「博多ほたる西中洲本店」をご紹介します。

ここの土鍋ご飯が大好きなんです。

なんか、いいでしょ?

炊き上がりを見せてくれて、お茶碗によそって持ってきてくれます。

名物は藁焼き

藁(わら)の香りが食材の旨みを引き立ててくれます。

わたしは博多ほたる西中洲本店に来たらこの牛タンも必ず頼む

博多名物も揃ってる

博多ならではのメニューも豊富にあって観光の方にもおすすめ

博多名物のゴマ鯖

博多名物モツ鍋のモツは仕込みの時に余分な油を洗い落としてあります。

新鮮なお魚や野菜たち

旬のフルーツを使った季節のデザートも

お祝いにプレート

お誕生日や何かお祝いごとがあると素敵なプレート(無料)を作ってくれます。予約の際にお願いするとサプライズのお祝いとして喜ばれます。このプレートは無理言って、イラストレーター友達のゆりだいん(yuridain)の熟女イラストを再現してもらいサプライズ成功。突然のわがままにも快く対応してもらえました。

また思い出がひとつ増えました。

広々とした店内

藁焼きのパフォーマンスが楽しめるのは入り口近くのカウンター席

奥にもテーブル席があります。お店の雰囲気は、結構にぎやかで活気がありますよ。

2階には団体向きの席や個室

博多ほたるが好きな理由

理由1.思い入れがあるから

写真:公式サイトより引用

私は昔、第一号店の博多ほたる西新店(旧名:西の蛍)に通っていました。西新は福岡市の早良区にあって美味しいお店も多いのですが、昔はおしゃれなお店はそんなに多くなかったんです。成人したばかりで西新の安いチェーン店の居酒屋とかに行っていた当時の自分にとって、博多ほたるに行くのはちょっと特別な、家族や友達のお祝いの時に行くようなお店でした。居酒屋のクーポンが載ってるフリーペーパーマガジンのHotpepper(ホットペッパー)を見て、友達の誕生日をお祝いする為に緊張しながら予約して、サプライズのケーキが出てくるまでバレないようにそわそわして...みたいな初々しい思い出があります。
そんな博多ほたるが10年ちょっとで、どんどん系列店が増えて大きくなっていって、なんていうのを見ていて嬉しく思っていました。(参考:OBUカンパニー)西中洲にお店ができた時は嬉しくて鬼リピートでした。私が昔やっていたSNS、mixi(ミクシィ)に10年前の写真が残っていたのですが、上の誕生日プレートが2005年頃で下のプレートが2015年、10年間でのクオリティの差にもクスッと微笑ましくなりました。

理由2.サービスがいいから

「お水飲みたいな」なんてタイミングで何も言わずにサッとお水を出してくれたり、

ご飯が全て食べきれなかったらミニ丼にしてくれたり気遣ってくれてるなあと思います。スタッフさんが楽しそうに働いているのも気持ちがいいですね。わたし頑固おやじの美味い店とか嫌なので。お店の雰囲気とか含めて美味いと思いたいです。

博多ほたる西中洲本店の場所

西中洲について


西中洲は狭いです。中洲と天神の間にある三角のエリアが西中洲

中洲西中洲の間に流れている那珂川が博多区と中央区の境目で、博多区中洲から橋を渡ると中央区西中洲

地名に”中洲”がつくのでキャバクラとか、ワイワイ系のネオン街を想像する方もいるのですが中洲西中洲は全く違います。

中洲の方が広くてお店も密集していて値段もピンからキリまでという感じです。西中洲はどちらかというと静かで年齢層と客単価も高めなお店が多いです。

雑誌では「西中洲は怖くない」という特集が組まれる程、敷居が高いと思っている人もいるようです。

博多ほたるを含め新しいお店が増えたので、昔に比べると若い人も比較的入りやすくなりました。

西中洲で働いている女の子に、中洲とひとくくりにするようなトークをしたら「中洲とは違うのよ」と内心思われるかも。

博多ほたるは西中洲の真ん中にある

博多ほたる西中洲本店は、国体道路というメイン通りにある春吉というバス停から徒歩3分の場所にあります。

西中洲の老舗の焼き鳥屋さん「藤よし」の左隣の道から入ります

タクシーの運転手さんにも「藤よしから入ったところ」と言ったら伝わりやすいです。

博多にお越しの際は、博多ほたるで博多グルメを堪能してみてはいかがですか?土鍋ご飯も忘れずに。

博多ほたる西中洲本店[retty]
[住所]福岡県福岡市中央区西中洲5-9
[TEL]092-732-3277
[時間] 17:00〜翌2:00(L.O1:00)
[定休日]不定休

テンジク
デートにもいいね

博多ランチはこちら

お酒のあとの博多〆ご飯はこちら

-おでかけ

Copyright© TENJIKU (テンジク) , 2017 All Rights Reserved.